「世界のエコ繊維市場(~2027年):種類別(再生繊維、リサイクル繊維、有機繊維)、用途別(織物/衣類、家具、工業、医療)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)」市場調査レポートを取扱開始

※最新の市場動向、市場規模、未来予測などが分かる!

「世界のエコ繊維市場(~2027年):種類別(再生繊維、リサイクル繊維、有機繊維)、用途別(織物/衣類、家具、工業、医療)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)」市場調査レポートを取扱開始


2022年11月8日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のエコ繊維市場(~2027年):種類別(再生繊維、リサイクル繊維、有機繊維)、用途別(織物/衣類、家具、工業、医療)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のエコ繊維市場(~2027年):種類別(再生繊維、リサイクル繊維、有機繊維)、用途別(織物/衣類、家具、工業、医療)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)」市場調査レポートの販売を2022年11月8日にMarketReport.jpサイトで開始しました。エコ繊維の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要(一部抜粋) *****
“エコ繊維の市場規模は2022年に520億米ドルと推定され、年平均成長率8.5%で成長し2027年には783億米ドルに達すると予測”
持続可能性をサポートする環境に優しい製品に対する顧客の需要の高まりは、予測期間においてエコ繊維市場の成長を促進すると予測されています。エコ繊維は、高い湿潤粘着性、優れた吸収性、柔らかさ、光沢、染めやすさ、生分解性などの特性を持ち、衣料/布地、家庭用家具、産業、医療、その他などの様々な用途で需要が増加すると考えられます。

“種類別では、再生繊維分野が予測期間中に最も高いCAGRを獲得”
持続可能性をサポートする環境に優しい製品への顧客需要の高まりにより、再生繊維は予測期間中に最も速い速度で拡大すると予測されています。高い湿潤強度、良好な吸水性、柔らかさ、光沢、染色の容易さ、生分解性、美しいドレープ性などは、再生セルロース繊維を合成繊維に代わるものとしている優れた特徴のほんの一例です。この中で最も使用されている繊維であることから、ビスコースとリヨセルが2大再生繊維として検討されています。ビスコースは、木材パルプからビスコース法によって得られるセルロース系繊維です。

“用途別では、予測期間中に産業用が最も高いCAGRを獲得”
エコ繊維は、ラベル、ふせん、ロープ、靴、自動車部品、ソーラーパネル、炎に強いアパレルなどの産業用途に活用されています。産業用途に使用される主なエコ繊維は、リヨセル、回収ポリエステル、ビスコース、オーガニックコットンリサイクルです。耐火スーツや手袋など、民間や軍事用途でさらに使用されるさまざまな難燃性防護服にエコ繊維の使用が増加しているため、産業用途は有機綿繊維の最終用途産業セグメントとして最も速い速度で成長している分野となっています。

“APACは予測期間中、エコ繊維市場で最も高いCAGRを占めると予測”
APAC地域は、予測期間中、エコ繊維の市場成長が最も早いと予測されています。中国、日本、インド、インドネシア、その他のAPAC地域は、APAC地域のエコ繊維市場の大部分を占めており、最も早く消費される地域でもあります。2021年には、この地域のエコ繊維市場が最も高くなると予想されています。APAC地域の市場は、製造業の健全な拡大、この地域へのFDI投資の増加、インド、中国、ASEAN諸国への製造業の移転、規制要件の強化、この地域の繊維、自動車、その他の用途への投資の増加によって牽引されると思われます。
エコ繊維は、さまざまな布地に優れた仕上げと耐久性を提供するために、繊維・アパレル産業で高度に使用されています。したがって、繊維-アパレル業界は、APAC地域においてエコ繊維の大きな需要を占めています。

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界のエコ繊維市場規模:種類別
– 再生繊維の市場規模
– リサイクル繊維の市場規模
– 有機繊維の市場規模
– その他エコ繊維の市場規模
・世界のエコ繊維市場規模:用途別
– 織物/衣類における市場規模
– 家具における市場規模
– 工業における市場規模
– 医療における市場規模
– その他用途における市場規模
・世界のエコ繊維市場規模:地域別
– アジア太平洋のエコ繊維市場規模
– 北米のエコ繊維市場規模
– ヨーロッパのエコ繊維市場規模
– 中東・アフリカのエコ繊維市場規模
– 南米のエコ繊維市場規模
・競争状況
・企業情報

※「世界のエコ繊維市場(~2027年):種類別(再生繊維、リサイクル繊維、有機繊維)、用途別(織物/衣類、家具、工業、医療)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)」調査レポートの詳細紹介ページ
https://www.marketreport.jp/Eco-Fibers-Market-Type-Regenerated-CH3894-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.globalresearch.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※Keywords:

「世界のエコ繊維市場(~2027年):種類別(再生繊維、リサイクル繊維、有機繊維)、用途別(織物/衣類、家具、工業、医療)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米)」市場調査レポートを取扱開始、市場動向、市場規模、市場予測...



sitemap